エボラ出血熱対策!感染症防護服&感染症防護対策キットの口コミを検証しました。

【エボラ出血熱】致死率最大90%恐怖のエボラウイルス

 

2014年9月現在、西アフリカで猛威を奮っているエボラ出血熱。

 

その感染力の高さ、致死率の高さに対し、対策チームの人手が圧倒的に足りておらず被害は拡大しており、未だ終息の兆しは見えていない状態です。

 

8月上旬でエボラ出血熱による死者は1000人弱、9月現在でエボラ出血熱による死者は2000人を超えてしまいました。

 

封じ込め策を取ったにも関わらず地域的な感染規模も増しており、今後、更なる飛び火の可能性も否定できない状況になってまいりました。

 

ですが、エボラウイルスの感染は正しい知識で正しい対策を取ることにより確実に防げます。

 

当ブログでは今後のエボラ出血熱に関する動向や、知識、対策などの情報を発信していきます。

 

万が一に備え、焦ること無く、正しい知識を身に付け正しい対策を取れるよう心がけましょう。

 

このサイトでは、「自分や家族の命を守る」視点から、エボラ出血熱を防ぐ方法・キットを紹介してゆきます。

 

 

 

感染症防護服&感染症防護対策キットはこちらから>>>

 

 

 

 



【速報】エボラ出血熱被害拡大9/19

 

 

ボラ出血熱の被害拡大が止まりません。

 

WHOは9月18日、エボラ出血熱による死者2630人、感染者5357人に達したと発表しました。
なお、その内医療関係者の死者数は151人で感染者数は318人となっています。

 

国別ではリベリアが死者数1459人、感染者数2710人で最も多い数字となっており。
ギニアは死者数601人で感染者数942人、シエラレオネは死者数562人で感染者数1673人、ナイジェリアは死者数8人で感染者数21人、セネガルは感染者数1人となっています。

 

今後も被害終息の目処は付いておらず、これらより多くの被害が予想されています。

 

また、ナイジェリアやセネガル等の新しい地域での感染が見られているため、今後も国境を超えて感染域が拡大する恐れが強くなっています。

 

WHOや国境なき医師団は積極的に世界各国への支援を呼びかけていますが、果たして今後終息の目処は付くのでしょうか。

 

 

現段階でエボラ出血熱は感染者のあるゆる体液に接触することで感染します。

 

今後、エボラウイルスの変異により空気感染する恐れもあります。

 

最も効果的なエボラウイルスの感染対策は防護服の着用です。

 

肌身を晒さなければ、現状、エボラウイルスの感染は有り得ません。

 

また、アルコール等のあらゆる消毒も感染力を低める効果があると言われています。

 

事前の対策を心がけましょう。

 

 

 

 

 

感染症防護服&感染症防護対策キットはこちらから>>>

 

 



エボラウイルスの感染経路は?

 

 

 

エボラウイルスの感染経路は今のところ、被感染者のあらゆる体液(唾・汗・血液など)に接触する事で感染します。

 

今のところと申したのは、ウイルスというのは環境の中で変異していくものなので、今後新たな感染経路が生まれかねない為です。

 

今ですら、被害拡大が抑えられていないと言うのに、もしエボラウイルスが空気感染するようになってしまったらそれこそ手の施しようが無くなってしまいますね。

 

今のところの最も有効な対抗手段は防護服の着用です。

 

肌身を晒さず被感染者の体液に触れなければ感染の恐れはありません。

 

 

 

 

現段階でエボラ出血熱は感染者のあるゆる体液に接触することで感染します。

 

(今後、エボラウイルスの変異により空気感染する恐れもあります。)

 

最も効果的なエボラウイルスの感染対策は防護服の着用です。

 

肌身を晒さなければ、現状、エボラウイルスの感染は有り得ません。

 

また、アルコール等のあらゆる消毒も感染力を低める効果があると言われています。

 

事前の対策を心がけましょう。

 

 

 

 

 

 

 

感染症防護服&感染症防護対策キットはこちらから>>>